お役立ち情報

catch-img

ビジネスパーソンとは?意味やサラリーマンとの違いを紹介


「ビジネスパーソン」とは自ら考えて動き、仕事で成果を出すビジネスマン。いわゆる「デキるビジネスマン」という文脈で使われる言葉です。似たような言葉に「サラリーマン」があり、こちらとは違うニュアンスで使われます。本記事では、ビジネスパーソンの意味やサラリーマンとの違いを紹介します。



目次[非表示]

  1. 1.ビジネスパーソンとはどういう意味?
    1. 1.1.ビジネスパーソンの意味
    2. 1.2.ビジネスパーソンという言葉が使われるようになった背景
    3. 1.3.ビジネスパーソン本来の意味
  2. 2.サラリーマンとの違いは?
    1. 2.1.サラリーマンの意味
    2. 2.2.日本で一般的なサラリーマンという言葉が意味するもの
    3. 2.3.ビジネスパーソンとサラリーマンの違い


「ビジネスパーソンってどういう意味?」

「女性もビジネスパーソンって呼ぶの?」

「サラリーマンとの違いは?」


最近、ビジネスの現場で「ビジネスパーソン」という言葉を聞く機会が増えました。ビジネスパーソンという言葉には「デキるビジネスマン」といったニュアンスが含まれるなど、いわゆるビジネスマンとは一味違った使われ方がされているようです。


しかし、ビジネスパーソン本来の意味は少し違うものであるため、日本独特の使われかたであると考えられます。そこで今回は、ビジネスパーソンの意味を深掘りするとともに、似た言葉であるサラリーマンとの違いも紹介するので、この機会に覚えておきましょう。




ビジネスパーソンとはどういう意味?

そもそも「ビジネスパーソン」とはどのような意味の言葉なのか、現在の意味で使われる背景も含めて深掘りしてみたいと思います。

ビジネスパーソンの意味

本来、ビジネスパーソンという言葉の意味は、会社員や個人事業主、フリーランスなどを含めた、企業で働く人やビジネスを営む人などの総称です。また、ビジネスパーソンの中には、男性のビジネスパーソンを意味する「ビジネスマン」と、女性のビジネスパーソンである「ビジネスウーマン」が含まれます。


しかし昨今、ビジネスパーソンという言葉は、いわゆる「デキるビジネスマン」を指す意味として使われるケースが一般的になっています。つまり、成果思考で自ら考えて動けるビジネスマンや意識高い系と呼ばれるビジネスマン、仕事ができるビジネスマンとしての文脈で使われる言葉がビジネスパーソンです。


ビジネスパーソンという言葉が使われるようになった背景

これまでビジネスマンという言葉が広く使われていましたが、なぜビジネスパーソンという言葉が浸透しはじめたのでしょうか。その背景には、世界的な女性の社会的地位向上があります。「ビジネスマン」は男性を表す言葉のため、性差をなくすという目的でビジネスパーソンという言葉が浸透したといわれています。


また、ビジネスマンに対して「ビジネスウーマン」という言葉も存在しますが、欧米では娼婦というニュアンスを含むため、ビジネスパーソンが広く使われるようになったそうです。


ビジネスパーソン本来の意味

英語の「Business Person」という言葉は、経営者や役員など、企業におけるトップクラスの人材を意味します。したがって、本来のビジネスパーソンの意味には、一般のサラリーマンなどは含まれないため注意が必要です。「デキるビジネスマン」といったニュアンスは、あくまでも日本独自の使いかたであることを覚えておきましょう。




サラリーマンとの違いは?

次にビジネスパーソンという言葉を深く理解するためにサラリーマンと比較してみましょう。


サラリーマンの意味

サラリーマンは和製英語のため「Salary man」という英語はありません。直訳すると「給料をもらって働く男」という意味です。そのため、サラリーマンは男性のみを指す言葉で、女性は含まれません。


日本で一般的なサラリーマンという言葉が意味するもの

日本で一般的なサラリーマンという言葉が意味するのは、会社勤めの男性といえるでしょう。ただし、サラリーマンという言葉が使われる際、若干ネガティブなニュアンスが含まれることが一般的です。例えば、お金のために仕方なく仕事をするというニュアンスや、上昇志向がなく、言われたことしかやらないといったニュアンスを含むケースが挙げられます。


ビジネスパーソンとサラリーマンの違い

ビジネスパーソンとサラリーマンの違いは、前者がポジティブ、後者がネガティブなニュアンスで使われることが多い点です。ビジネスパーソンは仕事ができて上昇志向がある人という意味で使われることに対し、サラリーマンは上昇志向がなく言われたことしかやらない、お金のために働く人といった意味で使われます。


ビジネスパーソンは会社や社会にとって必要だと思われることを、自ら考えて成果を出し、その対価として給与をもらうというイメージが一般的です。一方、サラリーマンは会社に命令されたことを実施するために労働力を提供し、その対価としてお金をもらうというイメージが強いでしょう。つまり、前者が社会や周囲の人々のために働くことに対し、後者は自分のために働くといったニュアンスを含みます。


まとめ:ビジネスパーソンの正しい意味を理解して使おう

最近、日本のビジネスシーンで使われることが多いビジネスパーソンとは、成果思考で自ら考えて動けるデキるサラリーマンという意味を含んだ言葉です。サラリーマンがネガティブなイメージを表すことに対し、ビジネスパーソンはポジティブなイメージを込めて使われます。


そのため、自社の人材をサラリーマンではなく、ビジネスパーソンに育成することが、上司や人事担当者の重要な課題といえるでしょう。


HUB on(ハブ オン)は、人材の紹介から、就職後の研修・キャリアコンサルタントまでを

セットで提供する人材サポートサービスです。御社が求める人材の採用からキャリアデザインまでを一貫して支援します。また、AIの最新技術を導入し、個性を生かし弱みを補う研修で、貴社における人材の活躍と定着に貢献することが可能です。


HUB onを活用して、御社の社員をビジネスパーソンに育成してください。


HUB onサービス資料はこちら








CONTACT

人材育成でお悩みの方は
お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
〈受付時間〉平日 10:00~18:00
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
HUB onのサービスガイドを
こちらからダウンロードできます。

人気記事ランキング

カテゴリ一覧

タグ一覧

開催中セミナー

見逃し配信中セミナー