お役立ち情報

社員満足度と生産性の関係は?人工知能の開発による未来

「勤務時間をサンタの国から学ぶ」 「社員満足度はどう高めていくべきか」 「人工知能は仕事を奪うのか」 従業員満足度(ES)と顧客満足度(CS)の相関関係はよく語られることがあります。従業員満足度が向上すれば、組織力が高まり、結果的によいサービスを提供できるようになることから、顧客満足度が向上するという理論です。 どっちを先に重視するべきかも、しばしば議論に持ち出されますが、結論は「従業員満足度」から先に取り組むべきであるとする場合が多いです。 会社を経営している人たちの多くは、顧客よりも社員と接する人たちの方が多いからです。接している社員の気持ちを蔑ろにし、社員に負の感情が伝わってしまうと、それは顧客に社員を通じて流れ込んでしまうのです。 長期的な利益を求める場合には、一見直接の利益には関係なさそうな部分を見直さなくてはいけないときがあります。 社員満足度と生産性の関係性についてもう少し踏み込んで見ていきます。 また、生産性を向上しようとするあまり、人工知能を持った機械を導入すればすべてが解決するのかにも触れています。

記事を見る

年功序列は崩壊寸前?社員に求められる本当の仕事力

「イマイチな社員は改造が必要」 「キャリア格差のついたミドル層も活性化が必要」 「年功序列は崩壊の可能性」 多くの会社は実質、年功序列制度を採用していると言われており、年齢や勤続年数に応じて給与の支給が行われているのが現状です。その仕事の内容はベテラン社員も若手の社員も大きな差がない場合まであります。 これは、能力給型の社会とは言えません。 年功序列ではないとしている会社であっても、一定の勤続年数を積んでいれば、昇進するというような仕組みの会社もありますが、これも年功序列の延長線上にあることに違いはありません。 正当な能力によって評価をするというのが難しいのです。 しかし、このままでは、仕事ができないのに人件費だけが多くかかるという企業側へのデメリットもあり、能力のある若手社員も不満を抱えて、挙句の果てにはもっと待遇の良い会社に転職をするということも十分に考えられます。 年齢を重ねれば生活にかかる費用も多くなりますので、一定の水準は必要かもしれませんが、それよりも多くを望む場合には、やはり優秀であってもらう必要があります。 ここでは、今後に求められてくる本当の仕事力やキャリア格差のついてしまったミドル層へのケア、年功序列が否定されてきている事実について書いてありますので、参考にしてください。

記事を見る

ルーティンではいけない?会議や日報の活用方法を解説

「会議を行う意義」 「日報の活かし方」 「会議や日報での話し方・伝え方」 決められたタイミングでの会議や毎日書いている日報などは、どうしてもルーティンとなって、本来の目的を見失いがちです。 会議を実施する目的は何でしょうか。その目的を会議に参加する人たち全員は理解できているでしょうか。日報はどうして書く必要があるのでしょうか。 直接会社の売り上げとは関係ないようにも思えます。 このような問いかけに的を射た回答をすぐに出せる社員が多ければ多いほど、優秀な企業・組織と言えます。 ここでは、ルーティンとなってしまいがちな会議や日報の意義を考え、どのような観点で活かし、実行していくべきなのかを見ていきます。 会社の中で行われている会議の意味や目的を考えたり、日報を書いたりするときに参考にしてください。

記事を見る

採用面接は機能してる?武器は女性社員と若手社員と謳う会社

「採用面接の現状を分析」 「人手不足の解消は女性の社会進出が鍵」 「若手と女性を武器にした企業」 会社を将来長きに渡って成長・存続させていくためには、新しい若手の人材の力が必要不可欠です。 若手社員を登用する時の採用試験と採用面接も、それに比例して高まっていくことになります。 現代日本企業が抱える問題は多岐にわたりますが、ここでは、人手不足にスポットを当てています。 自社の採用面接を上手に機能させるためにも、現状をしっかりと知ることが大切です。 人手不足の解消に成功した企業を例として、どのような仕組みを社内で作っているのかを紹介していきますので、参考にしてください。

記事を見る

女性は活躍できている?女性の力が企業の成長

「本音と建前が共存している女性の活躍の場」 「女性が活躍できていない会社の現状」 「女性社員活躍の条件」 女性の社会進出が叫ばれている日本では、一昔前よりも女性が活躍できる環境が整備されてきています。企業努力の賜物でしょう。ただ、全ての企業で同じ水準で取り組めているのかと言えば、それは違います。企業によっては、まだまだ男性中心の雰囲気が充満しているところも多くあるのも現実です。 表向きは男女平等を掲げていても実際にはそのようになっていない理由はどこにあるのでしょうか。そこには、本音と建前が共存しているのです。女性は結婚したら会社を辞めるから大きな仕事を任せられないと思っている管理職の方もいます。そのような案件については、単に「女性」と一括りにするのではなく、あくまで個人として考えるべきでしょう。女性が社会復帰するための制度をしっかりと用意し、女性が長く会社で働いてもらえるような仕組みを構築することは企業の課題・責任でもあります。ここでは、女性が活躍できていない会社の現状がどのようなものがあるのかを知っていただき、女性社員の活躍の鍵について書いてありますので、参考にしてください。女性社員の活躍はきっと会社の利益貢献にもつながってきます。

記事を見る

CONTACT

人材育成でお悩みの方は
お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
〈受付時間〉平日 10:00~18:00
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
HUB onのサービスガイドを
こちらからダウンロードできます。

人気記事ランキング

カテゴリ一覧

タグ一覧

開催中セミナー

見逃し配信中セミナー