お役立ち情報

日本は海外よりもストレス社会?職場も人間関係もストレスフリーにする方法

「海外の労働者がストレスを感じていないのは本当か」 「ストレスフリーの働きやすい職場の実現」 「上司・部下・先輩・後輩関係の改善からストレスをなくす」 日本人は真面目で勤勉で、ストレス社会で仕事をしているという表現は頻繁に海外との対比の中で描かれます。実際にはどうなのでしょうか。 今では法整備も進み、残業や有給休暇の取得に関しての細かい取り決めなども成され、一時騒がれていたほどではありませんが、まだ課題もあります。 OECD(経済協力開発機構)が発表した、日本人の年間労働時間は1680時間となっています。 世界主要国の中では22位となっており、他の国よりも労働時間が著しく長いとは言えないのが現状です。 実際のところ、会社によっては労働時間に含まれていない仕事、いわゆるサービス残業は統計の数値には反映されていませんから実態とは異なる可能性もあります。 働き方改革なども本格的に取り組まれている今日の日本では労働時間に関する問題は徐々に解消されてきていると考えてよいでしょう。 職場によって差はあるものの、公的機関の統計数値は参考になります。 ただし、パートタイムや非正規雇用などの多様な労働形態が含まれていることも念頭に入れておかなくてはなりません。 労働時間が減少すれば職場でのストレスも減少するかと言えば、それは別問題です。 ここでは、日本人が抱えるストレスに関する考え方についてまとめていますので、参考にしてください。

記事を見る

処世術でストレスを解消?ストレスの原因はどこか

「処世術でアウェイ感をなくす」 「処世術はストレスの解消にも効く」 「処世術を身に付けている人の特徴」 仕事だけでなく、社会では自分と生い立ちの違う人、性格や価値観が違う人と多く接していきます。 自分の考え方と衝突するような人も出てくるでしょう。 自分との考え方や価値観が異なる人に会うたびに相手に敵意を持ったり、ストレスを感じたりしていると、こちらの心身も消耗してしまいます。 そこで、注目していきたいのが処世術です。 処世術というのは「世渡りの方法」のことで、人と関わって生きていくためには身に付けておきたい方法です。 どこでも誰にでも通用する方法はありませんので、一つ覚えればお終いということではありません。状況に応じて様々な処世術を身に付けて活用できると仕事もスムーズに進むかもしれません。 近年では、ストレスによるうつ病の発症なども問題になっています。ストレスを少しでも軽減させる世の中の渡り方の参考にしてください。

記事を見る

うつ病社員が増えている?うつ病防止策を解説

「うつ病の代名詞とも言われる5月病」 「うつ病にかかりやすい人の特徴」 「うつ病時の症状と防止策」 ゴールデンウィークやお盆休みなどの大型連休の後に注意したいのが「うつ病」です。 なんとなく仕事にやる気が出ないとか、人間関係が突然面倒くさく感じるなど、人によって感じ方は違います。 明確な治療薬がないことも厄介な点です。 自分は若手社員じゃないから関係ないと思っている人はいませんか?うつ病は、学生や若手社員だけでなく、社会人経験を多く積まれているベテランの会社員の方にも襲い掛かることがあるものです。 ここでは、うつ病を発症しやすい人の特徴や、その傾向が少し見られたときの防止策について書いていますので、参考にしてください。

記事を見る

会社の不祥事の原因は?職場環境に見る不祥事の原因

「職場でのパワハラ雰囲気は不祥事を助長」 「労働災害発生時の不祥事は特に注意」 「不祥事を防ぐ組織の作り方」 SNSの普及などによって、様々な企業の情報は良くも悪くもすぐに多くの人に伝わります。「悪事千里を走る」と言いますが、特に悪い噂はすぐに広がり、拡散が止まらなくなります。 会社で起きた不祥事がマスメディアでもすぐに報道され、会社のイメージダウンと遺失利益を多く生み出してしまうきっかけにもなります。 問題が生じた時にすぐに相談・報告をすれば大事にならず、また、ダメージを最小限に抑えることはできるということは理解しつつも、実際にはそのようなことができていないところにも問題があります。 では、どうして、このシンプルなことが守られていないのでしょうか。その答えは、職場の雰囲気や企業体質にあるのかもしれません。

記事を見る

一番の低コストは何?スキルを持った社員の定着が最上のコストカット

「社員の定着は上司の器次第」 「特化したスキルが身に付けられる環境に」 「社員に浸透させたい3つの能力」 会社の中で色々なところで発生するコスト。経営を考える上では余計なコストと必要な投資をしっかりと見極めなくてはいけません。 採用広告費をかけ、選考にも時間をかけ、研修も十分に行った社員が辞めてしまっては、今までかけた費用が全て無駄になってしまいます。 研修に関わったすべての人の時間、費用を他のところに回すことができたらと考えてしまうと、何とも気持ちのやり場がなくなります。 一人の社員が会社を辞めた場合には、目に見える費用の損失もありますが、それ以上に、目に見えない潜在的な「損」も大きいのです。そこで、コスト削減の一つとして、社員が長く会社で働いてくれるということに注目し、定着率を高めていくために必要な情報を書いていますので、参考にしてください。

記事を見る

CONTACT

人材育成でお悩みの方は
お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
〈受付時間〉平日 10:00~18:00
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
HUB onのサービスガイドを
こちらからダウンロードできます。

人気記事ランキング

カテゴリ一覧

タグ一覧

開催中セミナー

見逃し配信中セミナー