お役立ち情報

離職者ゼロの企業の取り組みとは?職場状況が解決の鍵

「『感じのよさ』が離職者を減らす」 「離職者の低い企業から学ぶ職場環境づくりの極意」 「事情が異なる契約社員」 正社員として雇用した社員の離職の問題は企業が頭を抱えるうちの一つです。 特に、若者の離職率の高さは現代の経営陣の方を大いに悩ませています。 巷で騒がれる3年以内離職率は、30%を超えている数値となっています。 およそ、3人に1人が辞めている計算になります。 企業が採用活動に労力もコストもかけ、せっかく雇用できた社員も、退職してしまえば、そこまでにかけた時間も費用も全てが水の泡です。 退職理由としては人間関係や、お給料、昇進やキャリアに関することを理由にする人も多いでしょうが、どんな理由であれ、退職は退職です。 企業側には、理由として考えられるものを少しずつ改善させることが求められているのです。 そこで、今回は、離職者が多いと言われているIT企業での4年連続離職者ゼロを達成した成功事例を交えながら、3年以内の退職率を下げていくための方策について考えていきますので、参考にしてください。

記事を見る

なぜ離職する?若手社員の早期離職の背景を考えよう

「突然いなくなる若手社員が急増中。離職の背後にあるものとは?」 「働きやすい環境を整える必要性」 「会話の量と質を高めよう」 若者の離職率の増加は一昔前と比較して急増しており、企業にとっても深刻な問題になっています。企業は少しでも優秀な人材を確保しようと、必死になりますからその分の費用もかかってきます。しかし、そこまでの費用をかけて入社をしてくれた社員であっても、数年で辞めてしまうということも少なくないのです。 数年も続かずに数ヶ月で退職になってしまう若手社員がいるということも、ここ最近では耳にすることが多くなってきました。そんな彼らは一体何が原因で離職してしまうのでしょうか。離職の背景を知り、その課題点を把握しておくことで、若者の早期離職を防ぐことができるかもしれません。まずは彼らが何を考えているのかをよく理解するところからスタートしましょう。 この記事では、若者の離職の原因についての考察と、それを防ぐための職場環境・会話の質と量について紹介していますので、参考にしてください。

記事を見る

目標へ向かう正しい道順とは?正しい業務改善方法

「目標だけを見据える重要性」 「PDCAサイクルの重要性とやり方を解説」 「目標を達成するのに欠かせない組織構築」 会社で仕事を行ううえで、漠然と毎日の業務をこなすだけというのでは、生産性が上がらないでしょう。同時に、会社は利潤を追い求めなくては存続することが難しくなるというのも厳しいですが、現実です。 具体的な数値目標を掲げ、その数値を共有し、達成できた場合にもできなかった場合にもその分析を行うことによって次の仕事に活かしていくことで会社全体として大きな成長へとつながってきます。 目標を達成するためには組織力も大切な要素となります。 今回は、目標設定の方法から目標達成へ向かうための具体的なロードマップについて紹介していきます。

記事を見る

正しく指導できていますか?研修や指導の受け方も指導しよう

研修を受けるうえでの大事な考え」 「先輩社員・上司の理想像」 「部下指導のための大原則」 部下は正しい方向で育成をしないと、研修や指導が逆効果になってしまうこともあります。研修をするときにはただ単に研修をすればよいということではありませんよね。また、研修と指導は違います。研修は参加者全員が各々の能力を高め合う場であるということを認識しておかなくてはいけません。部下に対して指導ばかりして自分が学ぶ姿勢を見せない先輩社員・上司は部下からの信頼も失ってしまうでしょう。 ここでは、正しく指導できているのかどうかを振り返るための契機となるように、研修を受けるうえでの、または研修を行ううえでの心構えや部下から信頼されるような姿がどのようなものであるかについて紹介していますので、参考にしてください。 目次[非表示] 1.研修を受けるうえでの大事な考え 1.1.危険な考え方を持っていると悪循環に 1.2.要領を得る考え方で好循環に 1.3.研修を受けるための研修 2.先輩社員・上司の理想像 2.1.背中で語れる仕事をする 2.2.理屈と感情の葛藤 3.部下指導のための大原則 3.1.部下にもプライドがあることを理解する 3.2.叱ると褒めるは必ずペア 4.まとめ

記事を見る

過労死を考えたことはありますか?身近に潜む過労

「現代人の労働時間を『過労白書』から分析」 「部下の異変を即座につかむラインケアの重要性」 「信用と仕事量」 勤勉な日本人であるからこその悩みともいえるのが過労や過労死です。日米の比較で過労の問題を見てみると、日本人の場合には職場の雰囲気や上司からの期待などか労働時間が長くなる傾向があることに対して、アメリカの場合には、自分で成果を出すために自然と労働時間が長くなってしまっているという事実があります。アメリカは結果主義志向ですから、労働時間が長いか短いかでは評価はされません。あくまでも結果で評価されます。そのような違いもあり、アメリカでは過労死の問題は自己責任という風潮が強いですが、日本では職場の雰囲気や上司による言葉なき圧力が背景にもあるとされてしまうせいか、過労死が起こると大きくメディアにも取り挙げられることが多いです。 日本でも海外でも過労死に関する問題はたびたび起こるようになってきているのです。 ここでは、過労という問題について、過労白書の報告から現状はどうなっているのか、そして、過労問題の早期発見と解決を図るためのラインケアの重要性と社員の仕事量に関することを書いていますので、参考にしてください。

記事を見る

CONTACT

人材育成でお悩みの方は
お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
〈受付時間〉平日 10:00~18:00
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
HUB onのサービスガイドを
こちらからダウンロードできます。

人気記事ランキング

カテゴリ一覧

タグ一覧

開催中セミナー

見逃し配信中セミナー